【看護師解説】過敏性腸症候群ガス型のおならの症状と原因、対策について

便秘解消プロジェクト>自力で便秘を治す方法>

過敏性腸症候群ガス型のおならの症状と原因、対策について

 

こんにちは!看護師の大菊です。

 

 

排便のリズムが一定ではなく、急にお腹が痛くなり便意をもよおしてしまう過敏性腸症候群

 

この病気に悩む人は年々増えているといいます。

 

なかでも、日常生活に影響を与えるほどお腹が張ったりガスがよく出たりする症状に悩む人が多くいます。

 

このような症状が現れる人は「ガス型」に当てはまります。

 

今回は、過敏性腸症候群のなかの「ガス型」に焦点を当て、症状や原因、対策についてご紹介していきます。


目次:

 

 

過敏性腸症候群の「ガス型」とは?

過敏性腸症候群は、腹痛や腹部の不快感、そして便通異常などの症状が何度も現れ慢性化している症候群のことです。

 

この病気の定義や診断については、日本消化器病学会が刊行している「機能性消化管疾患のガイドライン」という指針があり、それによると過敏性腸症候群には「便秘型」「下痢型」「混合型」「分類不能型」の4つのタイプがあるとされています。

 

この分類は、下痢や便秘といった便通に関する異常で分けているものですが、そのほかの症状として「お腹が張ったりガスがよく出る」という症状があります。

 

これらの症状がメインとなっている人は、過敏性腸症候群の「ガス型」に当てはまります。

 

この「ガス型」は、別名「機能性腹部膨満症」とも呼ばれるものです。

 

 

過敏性腸症候群ガス型では、便通異常が繰り返され

  • ガスがお腹に溜まってお腹が張る
  • ガスがお腹の中で動くために痛みや苦痛を感じる
  • 頻繁にガスが出てしまう

という症状に悩まされます。

 

「周りに人がいるときにガスが出たらどうしよう」、「ガスの臭いがしたらどうしよう」と常に心配しながら生活することにもなってしまいますし、なかには外出できなくなってしまう人もいます。

 

 

▲目次にもどる

過敏性腸症候群ガス型の原因は?

過敏性腸症候群は、ストレスを多く受けることで症状が悪化する傾向があることから、「緊張する体験」などといったストレスが原因であるといわれています。

 

このほか、腸内細菌のバランスの変化、栄養バランスの偏った食生活不規則な生活リズムなども原因であるとされています。

 

 

過敏性腸症候群の「ガス型」では、特に食生活の偏りや腸の働きが過敏になることでガスが多く発生してしまうのです。

 

 

▲目次にもどる

過敏性腸症候群ガス型はどのように治療するの?対策は?

過敏性腸症候群の治療としては、ストレスにうまく対処できるように心理療法を行ったり、食事療法や薬物治療を行っていきます。

 

また、運動も取り入れていくことで、腸の動きが整えられ、ストレスに対する気分転換が図れるともされています。

 

 

いろいろな過敏性腸症候群のタイプの中でも、「ガス型」のおいてはガスが多く発生しないようにすることがポイントとなりますので、食事の内容を見直し改善していくことが大切です。

 

脂肪の多い食品や発酵食品はガスが発生しやすい食品といわれていますので、できるだけ控えるようにします。

 

また、腸内環境を整え善玉菌を増やすことも大切です。

 

腸の善玉菌を増やすには、一般的に乳製品がおすすめとされていますよね。

 

しかし脂肪の取りすぎは過敏性大腸炎の人にとって症状を悪化させてしまうことにつながります。

 

ですので、乳製品を摂取するときには、スーパーの乳製品コーナーでよく見かける「低脂肪」や「脂肪ゼロ」の製品を選ぶようにしましょう。

 

 

そのほかにも、腸内環境の改善には食物繊維も良いとされていますが、不溶性食物繊維は症状を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。

 

 

過敏性腸症候群にかかっている人が日本より多い欧米では、近年低FODMAPの食事が症状の改善に期待できると注目しています。

 

FODMAPとは特定の糖類などの腸内で発酵する性質を持つ成分のことを指しており、これらを多く含む食品はガスの発生を高めたり、腸内に水分を貯留させるという特徴があります。

 

低FODMAP食は、これらのものをできるだけ摂らないようにして症状の改善を図る、というものです。

 

 

▲目次にもどる

まとめ

 

過敏性腸症候群は、どのタイプにおいても症状の個人差が大きく、原因と考えられるものも生活環境によって大きく変わります。

 

そのため、まずは自分にとって何が原因となっているのかをしっかり理解しておくことが、症状改善への第一歩となります。

 

一人で悩んでしまうことはよりストレスを強め、さらに症状が悪化してしまうことにもつながります。

 

医療機関を受診して治療を始めるのはもちろん、思い切って友人や職場の仲間など相談できる人を作っておくのも大切ですよ。


 

 

▲目次にもどる

過敏性腸症候群ガス型の対処方法について【薬剤師より】

 

過敏性腸症候群ガス型の当記事をご覧になっている方は、すでに病院に行って医師の診断が出ている方が多いと思います。

 

もしこれを読んでいる方で、ご自身が過敏性腸症候群ガス型である疑いがあるのであれば消化器科、胃腸科などの腸の専門医のいる病院を受診なさってください。

 

適切な診断と処方薬が得られる事でしょう。

 

 

看護師の大菊より過敏性腸症候群ガス型の原因についてもお話がありました。

 

主にストレスと食事に関する内容でしたが、読んでいただいている方に思い当たるところはありますか?

 


病院に行かれている方であれば医師に整腸剤を処方していただき腸内の環境を整えていくのも良いでしょう。

 

お通じの流れが良くなることで過敏性腸症候群ガス型の辛い状態から改善するとよいですね。

 

 

普段の生活に関しては6STEP便秘解消法でお伝えしていますので、良ければご欄になって下さいね。

 


 

 

▲目次にもどる

【専門家が教える】おなら対策のコツ




関連ページ

【看護師解説】呑気症・空気嚥下症(くうきえんげしょう)の原因と対策
ストレスなどの原因により無意識のうちに空気を飲み込んでしまう呑気症・空気嚥下症。おならやげっぷがよく出たりお腹や胃が張るなどの症状が出る呑気症・空気嚥下症について、看護師が原因や対策について解説します。