大腸がんにならないぞSP内視鏡で便秘が治る【ためしてガッテン】10月26日放送

便秘解消プロジェクトTOP>

大腸がんにならないぞSP【NHKためしてガッテン】10月26日放送

 

10月26日放送のNHKためしてガッテンは、大腸がんにならないための方法を紹介します。

 

現在の大腸がん患者の急増をご存知でしょうか?

 

国立がんセンターの2015年がん罹患数の予想によると、新たながんと診断される患者数の日本TOPが大腸がんです。
http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20150428.html

 

このことから現代人は大腸がんに非常になりやすいことが分かります。

 

本日のためしてガッテンの大腸がんにならないようにする習慣についてしっかりと学び、今後の対策としてください。

 

10月26日放送内容では、がんの体質として両性ポリープなどの解説や、アメリカにおける大腸がんの患者数を激減させた方法について紹介されます。

 

芸能人のがんが急増

 

芸能人のがんのニュースにより内視鏡の検査がいまとても人気となり病院が混みあっています。

 

病院でドクターにあることを聞くだけで大腸がんになる可能性がわかります。

 

がんにならない体になる方法についても解説します。

 

最強のがん検査とは?

 

検査器具:大腸内視鏡カメラ

 

大腸カメラで検査をするだけで、便秘が解消され肌がきれいになり、体重が減り、ご飯がおいしく食欲がわくようになったなどの報告があります。

 

医師によるとあまり知られていませんが、内視鏡をするとそれをきっかけに便秘が治る人がいます。

 

どうして大腸内視鏡検査で便秘が治るのか?

 

便秘がひどいひとは大腸の中で硬い便が蓄積されている方がいます。

 

中には腸がねじれている方もいて、そのねじれがとれることで便秘が治ることがあります。

 

また、大腸内視鏡検査の際にニフレックなどの強力な下剤を飲むことで一度腸内がリセットされるため便秘が解消するということもあります。

 

大腸がんが現在日本で一番多くなっています。

 

今日はこの大腸がんになる人がいなくなる可能性のあるものを紹介します。

 

その器具は大腸内視鏡カメラととある青い液体です。
この青い液体を腸の中にいれることで少なくても5年は大腸がんにならなくて済みます。

 

内視鏡によってポリープを見つけることができます。

 

50歳以上になると半数以上に人にポリープがあります。

 

大腸がんにならない体にする方法は、かき氷のシロップのブルーハワイのような味がします。

 

ポリープにこの青い液体をかけることでポリープの表面が解け、ポリープががんになりやすいかなりずらいかがポリープの表面の模様を見ることで判断できます。

 

ポリープの表面をみることで「せんしゅ」の可能性が見分けることができます。

 

もし将来がんになる可能性があるポリープが見つかると早めに内視鏡で焼き切ってしまうため、大腸がんはなくなります。

 

大腸で見つかるポリープについて

ポリープの表面が

  • 水玉模様
  • 脳みそ状の模様

の二種類があり、脳みそ状態の模様があるものが「腺腫せんしゅ」というものです。

 

これを先に取ってしまうことで、大腸がんになる前の予防になります。

 

腺腫が見られた場合はそれを残しておくと数パーセントがんになるため見つけたらすぐに取り予防します。

 

50歳を超えて腺腫がない場合は、がんになりづらい体質といえます。

 

もし腺腫が見つかった場合は1〜3年おきに内視鏡検査を受けることで大腸がんを予防していきましょう。

 

がんになりやすい体質の人でもこの検査を定期的にすることで大腸がんになることを予防することができます。

 

お酒とたばこを飲む方は、今回の検査で5人のうち4人に腺腫がありました。

 

良性のポリープだったとしても自分には腺腫があったかどうかを医師に聞くことができます。

 

ぜひ検査が終わったら「腺腫せんしゅがありましたか?」と聞いてみましょう。

 

大腸に腺腫ができずらい体質にすることができます。

 

  • 運動不足
  • お酒
  • 煙草

この3つを解決することで、大腸がんになりづらい体質を作ることができます。

 

早歩き、スイミング、社交ダンスなどを行い、運動不足を解消します。

 

大腸がんを予防する薬は「アスピリン」を4年くらい飲み続けることで大腸がんになりづらくなります。

 

アメリカの大腸がん予防

 

アメリカでは国家プロジェクトで内視鏡を行い、腺腫の除去をすることで国民の三分の二の大腸がんの発症率に減らすことができました。

 

日本でもこのように大々的な国家プロジェクトになるといいですね。

 

検便に関する発見率について

 

検便でわかるがんの発見率は冬が一番多いという研究結果になります。

 

大腸がんは表面から出血します。

 

便が通ることで、出血した血液を運び出すために便潜血検査 検便で発見することができます。

 

気温が高い時期は自分たちの腸内細菌が出血した血液を分解してしまうため夏場の発見率が低下します。

 

検便は4度以下の保管をしないと上記の状況で発見率が下がるため、できれば冷蔵庫で保管する必要があるのですが、なかなか難しいため冷暗所保管と書いてあります。

 

検便のがん発見率は一回で45%です。 数年検査を続けることで大腸がんの発見率がどんどん上がるため、毎年検査を受けることが重要です。

 

大腸がんの発症は数年かかるため、検査を受け続けることが重要です。

 

大腸内視鏡が痛くならないコツ

 

大腸カメラが腸に当たることで痛みを感じてしまいます。

 

痛みを感じないコツは目を閉じて検査を受けることで腸が閉じているところが開きます。

 

緊張すると腸が閉じるので、リラックスできるように目を閉じて検査をうけましょう。

 

大腸内視鏡の値段

 

便潜血検査で陽性になると保険適用となりやすく受けることができます。

 

検査で陽性にならない場合は、自由診療扱いになり保険が適応されません。

 

この際の料金は3万円〜9万円の費用がかかります。

【専門家が教える】便秘解消3つのコツ

性別・年齢別の便秘対策


女性の便秘


妊婦の便秘


赤ちゃんの便秘


子供の便秘


男性の便秘


60歳からの便秘